【東上野 寿湯】@台東区 ~ドライサウナと塩サウナのWパンチで別次元の「ととのう」~

サウナ体験記

今回は知る人ぞ知る 東上野 寿湯 についてご紹介します。

寿湯 はJR上野駅から少し離れている大衆浴場なので、あまり知られていないところかもしれませんが
一度行ってみたらその魅力に感銘すること間違いなしですよ!!!

上野駅周辺は魅力的なサウナがたくさんあるので、他のサウナを知りたい人はこちらも見てください!
上野駅周辺のおすすめサウナ体験記

【寿湯】基本情報

レトロな見た目

外観はレトロな雰囲気が漂い、窓にたくさん貼ってあるお得情報もいい感じです。

一般的な見た目の大衆浴場ですが、
中は意外に広いのでビックリ!!

アクセス

アクセスは

  • 銀座線稲荷町駅より徒歩2分
  • JR上野駅より徒歩10分程度

上野駅から東に10分程度歩いていたら着きます。
全然歩けない距離ではないので上野駅周辺のサウナに飽き飽きした方はぜひ行ってみてほしいです。

料金/営業時間

入浴料

大人  ¥480
小学生 ¥180
幼児   ¥80

サウナ利用時 + ¥250(入浴料に追加)
貸しタオル利用時 +¥70

つまり、大人1人が手ぶらでサウナを利用すると800円ということです。安い!

営業時間は、11:00〜翌1:30(最終受付1:05)
第三木曜日だけ定休日なのでご注意ください。

アメニティ

リンスインシャンプーとドライヤー、化粧水、ヘアリキッドなどは置いてあります。

貸しタオルを頼んだら(?)、あかすりタオルもついてきます。
使うタイミングはおそらく上がる直前になると思うので、ロッカーに入れといたほうがよさそう。

適当にシャワーの上とかに置いておいたら他の人に使われます。(経験済み)

リンスインシャンプーは銭湯によくあるタイプのものなので、シャンプーにこだわる方は持参していきましょう。

飲料水はドライサウナと洗い場の間にあるので水分補給も忘れずに。

【寿湯】~チェックイン

下駄箱に靴を入れて、店内に入ると右手に券売機があるので該当の件を購入しましょう。

券と下駄箱のカギを入れて、いざ風呂へ突入!!

ここでもらえる鍵のようなものは、ロッカー用ではなく
サウナ利用者を見分けるためのものですので手首に着けることを忘れずに。

店内のあちこちに「失くしたら1000円罰金!」と書いてあります。(笑)

フロントのある待合室は、リラックスできるほどのスペースはありませんが、
おいしそうな飲み物やアイスが置いてあるのでついつい買ってしまいそうです。

【寿湯】入浴

さて、フロントでもらったカギは関係なく、空いているロッカーを探します。

実は2階にもロッカーがあるのでもし見つからなかったら階段の上のロッカーも探してみましょう。

~入浴

店内map 引用:公式サイト

店内はこんな感じです。行く前にみておけばよかったと心から後悔しています。

意外と奥にいろいろとあって最初行ったときはマジで挙動不審になってしまいました。
初探訪のかたはこのMAPを叩き込むことをオススメします。。

温浴は薬湯、白湯。露天風呂の3つがあります。
薬湯は温度が高く、私ラキストは入ることを断念したくらいです。

白湯はジェットタイプが気持ちいい!!
露天風呂はサウナ後の疲れた体を休める、ぬるめなお湯です。

これは少しだけ苦言になるのですが、
シャワーが古く、上にある蛇口をひねるだけで出るタイプなので、

温度や場所の調整ができないので、身体を洗うときはいろいろと苦労します。

このレトロ感がまたいいんですけどね!!!!!!!!!!

サウナ

本記事のメイン。しっかり書いていきます。

館内MAP(男性用)

初見で行ったら、中の構造がわけわからなくなるので自分でパワポで館内の地図を作成しました。
オレンジの矢印が主な動線です。

まず、サウナと水風呂が2つずつあるということを念頭に入れてください。

サウナは7人くらいは入れる通常のドライサウナと置いてある塩を体に塗って入る塩サウナです。

そして水風呂は体感ですが塩サウナの近くにある奥の水風呂のほうが温度が低く気持ちいいです。

ドライサウナ

こちらがサウナと聞いて一般的に想起するサウナです。
収容人数はMAX7人くらい、TVや12分計も中にあります。

中に人がいっぱいで入れなそうだったら、サウナ室前にあるビート板をもって待機しましょう。

このビート板、長年使われているからなのかかなり湾曲しています。(それもまた一興)

私ラキストは数々サウナを探訪してきましたが、本サウナでは「乾燥」を一番感じました。

TVはあるものの、目や髪の乾燥するのを肌で感じたので、
目を閉じて、濡れタオルを頭にかぶったりサウナハットを着用したりすることをお勧めします。

塩サウナ

サウナってなんだ?

サウナの知識が乏しかったラキストは意味が分かりませんでした。

簡単に説明すると、塩を体に塗ってサウナに入ることで浸透圧の関係でより発汗が活発になるというものです。(←ナメクジのあれです)

何はともあれ、物は試しなので、難しいことはようわからんけど入ってみました。

収容人数は7人くらい、TVもある。
そして中に入ってすぐ足元に塩がたくさん入ったバケツがあります。

塩サウナはじめてのぼっちだと、
マジで何が正解かわからんから挙動不審になること間違いなし。(笑)

自分の席を確保したら、塩をひとすくい取り自分の体に塗りたくるのが正解です。

個人的な感想としては、代謝が良いほうなので塩サウナだから発汗量が特別多くなったとは感じませんでしたが、気持ちいいことには変わりないです。

あと、これは郷に入っては郷に従えを体現しているのですが、

塩サウナを退出する際は、自分の座っているところが汗と塩が混ざった地獄と化しているので、
自分の座っていたマットを出入口足元にあるシャワーで軽く流してから出るようにしましょう。

塩サウナ室を出ると、また別のシャワーがあります。
これは体についた塩を流す専用のシャワーになるので、水風呂に入る前に塩を流しましょう。

これはマナーではなく、設備の故障の原因になりかねないのでマストです。

いろいろ書きましたが塩サウナについてまとめると、

  1. 塩サウナ室に入る
  2. 席を確保し、バケツに入っている塩を体に塗る
  3. 塩サウナを堪能する
  4. 出る前に、ドア付近にあるシャワーでマットを洗う
  5. 出たらすぐにある別のシャワーで体の塩を洗い落とす
  6. 水風呂、外気浴へ

これさえ守れば大丈夫!!自信をもって塩サウナに突入しましょう!!!

外気浴

外気浴スペースは充実しています。数にして15人くらいは座れるでしょうか。

また、都内サウナによくある外気とは面していないなんちゃって外気浴ではなく、
外にさらされたスペースなので高品質の外気浴を体感することができます!

露天風呂もあるので、足を温めながら外気にさらされることも可能です。

結局、広い外気浴スペースが一番大事。
だから常連も多いんだなあと納得しました。

【寿湯】風呂上り~

フロント付近にイスはありますが、あまり広くないのでリラックスはできないです。

喫煙所もないので上がったらそそくさと店を出ましょう。
上野駅向かって歩いて5分くらいのところに喫煙所もあるので、喫煙者はそこへ一直線!

【寿湯】まとめ

  • レトロな雰囲気が趣深い・・・
  • 2種類のサウナがサウナ―生活にさらなる刺激が訪れます
  • 広い外気浴スペース最高

ラキスト的総合評価・・・4 out of 5 stars (4 / 5)

コメント

タイトルとURLをコピーしました