【なごみの湯】@杉並区 ~1日中作業ができるコスパ最強のサウナ施設を徹底解説~

なごみの湯 サウナ体験記

今回は荻窪駅すぐの【なごみの湯】についてご紹介します。

なごみの湯】は建物すべてが温泉の施設になっており、サウナや休憩スペースも超充実しています!
ぼっちサウナ―であるラキストが実際に行ってきた なごみの湯 を徹底解説!!!

【なごみの湯】@基本情報

なごみの湯
オシャレな外観

車1台通るのもやっとの狭い道を歩いていると急に現れる【なごみの湯】です。
俺でなきゃ見逃しちゃうね。

アクセス

JR荻窪駅西口から徒歩3分で着きます。近くに大きなパチンコ屋があります。

少々都心からは離れてしまいますが、様々な路線が通っているのでご愛嬌。

料金/営業時間

利用料金 引用:公式サイト

ややこしいので公式サイトを引用させてください。文字小さくてすみません。
土日になると少し値段が上がるものの、2000円ちょいで1日中作業することができます。

なごみの湯には【なごみの湯 友の会】という毎回の入館料が割引される有料のメンバーズカードがあります。

なごみの湯 友の会】は利用当日から適用され、
年会費9000円のプレミアム会員と年会費250円+入会費500円のレギュラー会員があります。

主な特典は入館料の割引で、レギュラー会員は400円の割引がされます。

レギュラー会員は年2回行けば元が取れますね!!!
その他の特典はリンクからご確認ください。

それから、当店は【ヒーリングスパ】という有料のオプションもあり、
3Fや5Fにある岩盤浴ロウリュウのサービスを利用可能になります。

ヒーリングスパは土日祝に限り、利用時間が区切られているのでご注意ください。

ラキストぼっちでの来店だったこともあって、
ヒーリングスパは、館内着を着て男女同じフロアで利用できる点を考慮して断念しました・・・
(服を着てロウリュウとか館内着を有料で変えてもらわなければならないのも加味しました)


営業時間は年中無休、朝10:30から翌朝9:30まで営業しています。

深夜1時以降までいると+\1,380 かかりますが、10時にチェックインしてからそれまでは追加料金なしで滞在できるので、1日中作業したいときにはピッタリです!!

館内設備

フロア案内
館内フロア案内

読み手のほとんどは男性であると思うので、以下男性に限ります。

1Fのフロントでチェックイン~4Fの男湯で入浴~B1Fの休憩処で休憩or作業

が基本的なムーブになるでしょう。
B1Fへはエレベーターが通じていないので、1Fから階段で移動することになります。

アメニティ類はタオルや館内着、シャンプー類やスキンケア系統もそろっています。
文句ないです。

喫煙所あるからもうなんでもOKです(笑)

【なごみの湯】~チェックイン

カードキー
カギ②

チェックインから入浴までの主な流れは以下の通りです。

  1. 靴を下駄箱に入れてカギ①を入手
  2. フロントに行き、利用するコースを申告する
  3. カードキー、タオル・館内着を受け取る
  4. 4Fの男湯へ移動
  5. ロッカーにカードキーを入れカギ②を入手
  6. 退館するまではカギ①,②をもって行動する
  7. 退館時はカギ②はロッカーに、カードキーとカギ①をもって1Fへ行き精算する

ちょっとだけややこしいですね。鍵が3つも登場します。

1つ目のカギは入ってすぐの下駄箱のカギで、
これはフロントに預けずに退館まで自分で管理することになります。

特に手首に巻けるようなストラップもないので、絶対に失くさないようにしましょう

2つ目のカギはカードキー(左の写真)でフロントから渡されるもので、
4Fのロッカーを開けるのに必要になります。

そのロッカーにはすでにカギ②(右の写真)がささっており、入浴するときは手首に巻いておきます。カードキーはロッカーにささったままになりますがこれはこれで大丈夫です。

ロッカーの構造上、カードキーとカギ②を同時に持ち出すことはできない仕様になっており、
どちらも館内の自販機やレストランで清算することができます。

後払いシステムのカギは何歳になっても興奮するよね。
くれぐれもお金の使い過ぎにはご注意を!!

【なごみの湯】入浴

4F男湯処 MAP

初見にはマジでわかりづらい構造をしています。このマップを頭に叩き込んでから行きたいものです。

・風呂はジェットバス、バイブラバス、超高濃度炭酸泉、露天風呂の計4つ
・サウナはミストサウナ、ロッキーサウナ、ボナサウナの計3つ
・水風呂は1つ
・室内に休憩用のイスもあるが、外気浴デッキもある
・浴室入り口に無料の冷たい飲料水が置いてある

浴室入り口すぐ左手に、ボナサウナや露天風呂エリアがあるのですが、初見だと気づきづらい。

外気浴スペースどこ?状態に最初なっていました。気づかないで帰る人絶対いる。

入浴

お風呂は4種類あります。

中でも特徴的なのは超高濃度炭酸泉です。基準値の約1.3倍もの炭酸ガスが含まれており、
温度は低いのですが、5分ほど入ると体が内からポカポカしてきてとても気持ちいいです。

隣にいたおじさんが、
気持ち良すぎたのかうとうとし始めて顔から炭酸泉にダイブして飛び起きていました。(笑)

露天風呂 引用:公式サイト

露天風呂は、西多摩の人気温泉「日の出町つるつる温泉」を湯元から汲み上げて直送しています。
アルカリ性でお肌がつるつるになる効果があるそう。

サウナ

サウナは3種類あります。サウナマットも用意されているのでありがたいです。

温度の低い順にそれぞれ解説していきます。

ミストサウナ テルマーレ 引用:公式サイト

蒸気で満たされたミストサウナで、室内の中央には塩が置かれています。
入ったら身体に塩を塗りたくって、汗をさらに出すよう促すものです。

蒸気で視界が遮られるのは当たり前なのですが、天井から熱い水滴がしたたり落ちてくるので注意。
定員は6人ほど、温度は60~70℃くらいでしょうか。

中に12分計や温度計はなく、館内の説明では15~20分入るのがおススメだそうですが
温度のわりに熱く感じるのでラキストは10分くらいで退出しました。

水風呂に入る前に必ず塩をシャワーで洗い流すのを忘れずに!!
塩サウナの鉄則です。

ロッキーサウナ 引用:公式サイト

いわゆる一般的なドライサウナで、定員は15人ほど、温度は80~90℃くらい。

上記画像よりも薄暗く、12分計やTVもあります。
温度は低めで木の香りが非常に心地よかったです。

ボナサウナ 引用:公式サイト

一番わかりづらい場所にある隠れ家的(?)サウナです。

温度は上のロッキーサウナとほぼ同じくらいですが、こちらは蒸気浴で、
身体の負担の少ない温度や湿度に保たれています。

こちらも12分計やTVが置いてあり、室内の香りも心地よい。

入り口前には並ぶ用の椅子も置いてあり、常に並んでいるくらい人気でした。

私は欲張りなのですべてのサウナに入りました。
ボナサウナは人気ゆえ人の出入りが激しかったイメージ。

水風呂

水風呂 引用:公式サイト

水風呂の温度は16~17℃でちょうどいい。広いので6~7人くらいは入れそうです。

ただひとつ、苦言を呈すると水流の勢いが強いので、「羽衣」が取れてしまうこと。

水風呂の正しい入り方は別記事で詳しく解説しているのでご覧ください。

外気浴

外気浴スペース

室内にイスが3つほど、外に8つほどあります。
画像とは違って、今は横になれるリラックスできるタイプのイスも4つほどおいてあるので
座れたらラッキーです!!

椅子の上には天井がないので、風を全面に浴びることができ、
外気浴スペースとは最高です!!!

外気浴スペースもわかりづらいところにあるので注意。
室内のイスもいいですが、外に行きましょう。

【なごみの湯】風呂上り後~

喫煙所(2F,4F)

2Fの女湯、4Fの男湯にそれぞれ喫煙室があります。

男性は2Fの喫煙室には入れないですよ!!!(笑)

岩盤浴ヒーリングスパ(5F)

5Fはヒーリングスパの追加オプションに入ることで利用することができます。

ロウリュウドーム(黒龍) 引用:公式サイト

岩盤浴のほかに、ロウリュウや胎内浴体験ができます。

胎内浴体験とは、胎内にいた時のような安心感が感じられる空間で、
室温35℃で心地よく眠れるそう。

ヴィヒタズフォレスト  引用:公式サイト

他にも人をだめにするソファ「Yogibo」が置いてあるヴィヒタズフォレストも魅力的。

有料なのでラキストは利用しなかったのですが、1日中リラックスしたい方にはお勧めですね!

休憩処(B1F)

B1F ラウンジ ワーキングスペース  引用:公式サイト  

私ラキストは休憩処がなごみの湯の最も評価できる場所だと思います。

コワーキングスペースには電源・無料Wi-Fiが通っており、PCを開いて快適な環境で作業することができます。

マンガも大量においてあり、マンガ好きには天国のような場所でしょう。

ブログを書くのにすごく最適な環境でした。
1日作業したい場合にはマジでおススメ。

【なごみの湯】まとめ

  • サウナが3種類、外気浴も最高のクオリティ
  • 1日中作業するにはうってつけの環境
  • 喫煙所あるよ

ラキスト的総合評価・・・4.5 out of 5 stars (4.5 / 5)

コメント

タイトルとURLをコピーしました