【サウナー必読書:医者が教えるサウナの教科書】~サウナを科学的観点から~

サウナ体験記

今回は慶応義塾大学医学部特任助教で日本サウナ学会代表理事の加藤容崇さんの著書である

医者が教えるサウナの教科書(定価:1400円+税)

についてご紹介したいと思います。

サウナ―必見の本です!

本書を読んでみて、正しい知識を持ってサウナに臨むことができるようになり、自信をもってサウナを人に勧めたいと思えるようになりました。
そんなサウナ初心者のラキストを力づけてくれた本書を読むメリットについてお話します

本書との出会い

私ラキストがこの本と出会ったのはつい半年前くらいです。

冒頭から蛇足ですが、ラキストは京大理系卒/現職コンサルティング会社に勤めておりまして、
あいまいなことに対して論理性や、信頼できるエビデンスが欲しい!と頭ごなしに思ってしまう人間です。

恋人にはしたくない性格ですよね・・・わかります。(笑)
女性に対してはこの考えを外に出さないよう努めております。

サウナの良さに気づいて2店舗くらい1人で行くようになったころ、
サウナって体に悪いのではないか?というツイートをTwitterで見かけました。

一般男性
一般男性

サウナは心臓に負担が大きくて危ない!!!

彼氏思いの女性
彼氏思いの女性

熱さに弱い睾丸に悪影響がある!!!

こんな意見を聞いたことがある人がいると思います。

そこで用心深いラキストは自分がサウナに行く確固たるエビデンスを求めて、この本を購入しました。

本書を読むメリット

私の話はこれくらいにして本書を読むメリットについてお話します。
内容については著作権に触れない程度に、別記事で触れていきたいと思います。

1.正しいサウナの入り方がわかる

サウナは「サウナ→水風呂→外気浴」をセットにして行う

これはサウナ―の人なら常識だと思いますが、
サウナに行き始めたばかりの人はまだ知らないかもしれません。

しかし、なぜこの「セット」が重要なのかあなたは科学的根拠に基づいて説明できますか?

ちょい詳しい人
ちょい詳しい人

サウナに入ると交感神経が活発になり、水風呂に入ると副交感神経が活発になるから~

こんな説明は聞いたことがあるかもしれません。
この説明はこれはこれで正しいのですが、本書はこの粒度で説明はしていません。

著者はお医者さんです。心拍数・血流・血圧・ホルモン・HSP(ヒートショックプロテイン)など様々な観点からサウナの「セット」の重要性を説いています。

さらに、どんな姿勢でいるのが良いのか? サウナに入っている時間の目安は?
などの身近な質問についても科学的根拠に基づいてわかりやすく、そして泥臭く説明しています。

本書を読めば、あなたが普段のサウナの入り方が見直され、より「ととのう」ことのできる
サウナーライフを送ることができると思います!!

2.サウナが体にいいことが科学的根拠に基づいて理解できる

Q.あなたがサウナに通うのはなぜですか?

サウナから水風呂に入る温度差が気持ちいいからですか?
3セット終わった後のタバコがうまいからですか?(←これはマジでうまい

個人差はあると思いますが、サウナに行くことで体にはさまざまなメリットがあります。

主観的な「気持ちいい」という感情も大切ですが、本書では客観的なメリットについて説明してあります。

サウナ3セットを終えて店を出ると、頭がスッキリしたな~と思いますよね。

なぜ「スッキリした」と感じるのか。α波(アルファ波)の観点から本書では説明しています。

すべて理系出身のラキストにも納得感のある説明で、
サウナに行って「ととのう」ことが体にいい影響を与えていると理解することができます。

3.これからのサウナ生活がグッと楽しくなる

本書ではサウナの科学的な正しい入り方やサウナの科学的メリットのほかにも、
著者や著名人のおすすめサウナや、目的別のサウナの入り方などサウナに関する有益な情報があふれています。

本書を読むことで、サウナの知識がぐっと増えてこれからのサウナ生活が楽しくなることは間違いありません。

実際、ラキストもサウナに楽しさを知ってからこの本を読んで、
さらにサウナに行くのが楽しくなり、こうしてサウナのブログを書いているのです

本書を読んでほしい人

  • サウナに行ってみたいけど正しいサウナの入り方がわからない人
  • サウナに行くメリットを知りたい人
  • 新しい趣味を見つけたい人
  • 全サウナ―

ラキストは本書を読むことで人生が変わったといっても過言ではありません。

まだサウナが趣味ではないそこのあなた、サウナ―の世界へようこそ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました